怒り方の勘違い

怒り方として、とにかく大声を張り上げないようにしましょう。叱っていく時に子育てで最も危険な方法で、叱る時に声をついつい大きくしてしまうと心理的にダメージを受けてしまいます。どうしても大声ならば言うことを聞くのではと、何度も声を張り上げて叱っていると危険です。勘違いによって子育てで活かされるケースも多いため、間違えていると判断してコミュニケーションを取っていくようにしましょう。

これは大声を張り上げていくと、子供は暴力と同じように捕らえてしまいます。恐怖を味わっていると感じてしまい、どうしても萎縮してしまいます。すると日常生活の会話も内容を理解することができなくなってしまい、何が間違えているかも分からなくなってしまいます。恐怖心を植え付けてしまい、親に対してビクビクした気持ちを湧かせてしまいます。耳元で荒らげないように怒っていくようにしなければなりません。

そして怒る時には感情的にならないようにしましょう。急いでいる時であったり、何回も注意していながら直すことができない子供に対して行動を取ってしまうこともあります。しかし感情的に怒ってしまうと、自分は嫌われているのではないかと勘違いしてしまうこともあります。大きく深呼吸して、じっくりと向き合いながら怒っていきましょう。