理由や場所を考える

子育てにおいて、子供に対して明確に叱られる理由を話すようにしなければなりません。子供は理由を言わないと、全く理解することができないので、叱っても意味がないことがあります。中身のない怒鳴り方をしていると、親に対して恨みなどを覚えていくこともあります。

叱られている理由をしっかりと説明しなければ、全く理解することができないのが子供と理解しましょう。怒られる内容を粘り強く教えていくのがしつけとなっており、一つの教育として捉えていきましょう。ここで理由を自分で考えてほしいと親が伝えるのは、教育に対して手抜きとなっています。具体的に内容を話す時も、言葉で分かりやすく伝えて説明しなければなりません。根気が必要ですが、子育てとしては肝心といえるでしょう。

そして大勢の前で叱ってはいけません。大勢の人が見ている前で叱っていると、自尊心にダメージを受けてしまいます。叱られることによって晒し者になることがあると感じてしまい、自尊心をひどく傷つけてしまうこともあります。極力2人きりで叱っていくようにしましょう。不安にさせるのが最も危険で、失敗をした時にどのように改善するか考えていけるようにすれば、子育てとしては成功と言えるでしょう。