伝え方で成長する

具体的に話すことは効果が高いですが、わかりやすく伝えていくことが重要です。その中で子供の気持ちに共感しながら叱っていくと、子供も信頼を受けることができます。例えば子供達を抱き寄せながら、叱りつつも微笑んでいる母親を見かけることがあります。これは言い分を子供も持っており、頭ごなしに叱っていくのではなく、じっくりと子供の話を聞いた後で叱っています。子供の行動について最初に肯定しておき、認めた後で怒ることで受け入れい状態を作ることができます。

そして叱っていくタイミングを見極めていくことも重要で、遊んでいる時に叱るのが効果的です。特にスピーディーに怒るのがポイントで、プライドが極力傷つけないように誰もいないところで叱るようにしましょう。怒る時には自分の気持ちを明確に伝えていき、寂しさを感じさせるようにすると効果的です。

また手を出さないようにしましょう。常に叱っている時に感情を高ぶらせてしまい、手を出してしまう時もあります。怒り方としては最も危険で、叩いてしまうと時折子供はトラウマに感じてしまうこともあります。決して子供はいいイメージを感じることはありませんので、絶対に怒る時にはやめておきましょう。